Toha mobile

和菓子職人 × 油屋のコラボ
世界にひとつのかりんとう

『大地のおやつ』は、和菓子職人「まっちん」と老舗油屋「山本佐太郎商店」のコラボレーションにより誕生したお菓子シリーズです。"大地"を感じるような力強くて優しいおやつを、岐阜から全国に向けて発信しています。始まりは、まっちんこと町野仁英と山本佐太郎商店4代目山本慎一郎の出会い。同い年ということもあってすぐに意気投合した僕らは、和菓子職人×油屋によるオリジナルのかりんとうを作ろうと動き出しました。

かりんとうやビスケット
オンリーワンなおやつ作り

今までにないオンリーワンなかりんとうを作ろうと、石臼挽き小麦全粒粉や米油を使い、何度も何度も試作を繰り返して2012年にやっと完成した『大地のかりんとう』。ここから僕らのおやつへの探求が始まりました。その後、国産さつま芋を皮ごと米油で揚げた『おいものかりんとう』、大豆おから入りの生地を菜種油で揚げた『おからのかりんとう』が誕生。“かりんとう3兄弟”がそろいました。
そして、小麦ふすまが香る揚げビスケット『3じのビスケット』、古代小麦を使った和サブレ『ツバメサブレ』、米粉の揚げクッキー『いがっこのにんにんクッキー』、小麦全粒粉の素朴なビスケット『ともだちビスケット』、特別栽培小豆と粗糖で炊いた粒あん『よいこのあんこ』、小麦全粒粉100%のホットケーキミックス『おやつこ』を発売。素晴らしい素材に出会ったことがきっかけで生まれたもの、製造メーカーさんに僕らの熱意が伝わって完成に漕ぎつけたもの、どのお菓子にも大切なストーリーがあります。
そんな僕らの想いをパッケージに表現してくれたのが、三重県出身のイラストレーター矢田勝美さんと、伊賀市在住のイラストレーター田槙奈緒さん。一つひとつにたくさんのアイデアと想いを詰め込んで、僕らならではのおやつをお届けしています。

おいしさは素材選びから
からだ思いの材料を使います

毎日のおやつに安心安全なものを、いつでも気軽に。小さな子どもから年配の方まで、皆さんに寄り添ったからだ思いのおやつをお届けしたい。まっちんの和菓子作りに対する想いと同じように、『大地のおやつ』シリーズに使う素材もからだに優しいものを厳選。余計なものを使わず、素材のおいしさをそのまま生かします。

Toha sozai1

石臼挽き小麦全粒粉

北海道十勝産の小麦を丸ごと石臼で丁寧に挽いたもの。栄養価が高く、小麦本来の風味が味わえます。

Toha sozai2

平飼い有精卵

平飼いの自由な環境とこだわりの飼料でのびのびと育った岐阜県の鶏の卵。味わい深く、安心安全です。

Toha sozai3

純国産米油

国産の米ぬかだけを搾った上質な米油。風味や栄養価に優れ、素材の味を生かす油屋一押しの油です。

Toha sozai4

粗糖

化学精製されていない砂糖で、洗双糖とも呼ばれます。甘みが穏やかでビタミンやミネラルを豊富に含みます。

みんなに長く愛される
30年後のおやつ作り

僕たちがめざすのは、30年後のおやつ作りです。10年後、20年後、30年後、今の子どもたちが大人になった時、僕らのおやつがいつも身近にあって、変わらず安心して気楽に食べてもらえるものでありたい、そう願っています。かりんとうから始まった『大地のおやつ』シリーズ。まっちんの「作りたい!」という想い、引き算で完成させる独自のレシピ、そして山本の熱意と機動力、広いネットワークにより、これまでいろんなお菓子を作ることができました。そして、生産者さんや製造メーカーさん、そして全国各地のお取り扱い店の皆さんとの素晴らしい出会いをいただきました。岐阜市の小さな油屋から、全国の皆さんへ。これからもたくさんのご縁を大切にしながら、皆さんに長く愛されるおやつをお届けしていきます!

開発メンバー

Machino

町野 仁英(まっちん)

三重県伊賀市生まれ。地元農家で無農薬の米づくりを学んだ経験をきっかけに独学で和菓子作りを始め、2004年に「和菓子工房まっちん」を開店。米や豆や粉のおいしさを生かした素朴な和菓子が評判を呼び、全国にファンが広がる。2010年から岐阜県岐阜市に活動拠点を移し、和菓子屋「ツバメヤ」の立ち上げ、商品開発に携わる。材料の仕入れ先であった山本佐太郎商店の山本慎一郎と出会い、2012年より和菓子職人×油屋による『大地のおやつ』シリーズを展開。商品監修や製造指導を手がける傍ら、職人としての和菓子への探求心は尽きることがない。純喫茶と人情食堂をこよなく愛する。著書に「まっちんのおやつ(WAVE出版)」、「まっちんのかんたん焼きおやつ(マイナビ)」。

Yamamoto

山本 慎一郎

明治9年創業、岐阜県岐阜市で140年以上続く老舗油屋「山本佐太郎商店」4代目。南山大学経営学部を卒業後、23歳で家業を継ぐ。“山本佐太郎”は曽祖父の名前。戦前は菜種の搾油などを行っていたが、空襲により焼失。戦後は業務用卸問屋としてさまざまな油や粉、調味料を扱い、現在では東海エリアを中心に約500店舗と取引を行う。地域密着の油問屋として信頼を築く中、和菓子職人まっちんと出会い、油屋の新しい価値を生み出そうと全国に向けて『大地のおやつ』を発売する。オーバーオールとキャスケット帽がトレードマーク。パワーの源は白ごはん。庶民派から高級店まであらゆるジャンルの飲食店を巡り、SNSで発信しているグルメ情報には、厚い信頼を寄せる人が多数。